スクラッチでAI

次はスクラッチでAI学習がブームになる予感

プログラミングの授業に入る前に、身の回りでプログラミングが使われているものを想起させることをしています。

すると、ゲームやスマホ、タブレットが大方の意見なのですが、必ず1人くらいAIと言う子どもがいるのです。

間違えではないので、こちらも返答に困るのですが、逆にAIって何?と聞くとよくわからないけどプログラミングだという答え。

大人でも正しく機械学習について語れる人は少ないなか、最近では画像認識などポピュラーなものが増えてきていてこれが案外AIと結びついていないのが現状。

これから、教育のなかに少しずつ取り入れられる気がしている。大学の研究でもこのAIにからめたものは予算がつきやすいなんて話を聞いています。

そこて、より子供たちにこのAIを体験させられないかと調べていたところ、スクラッチでAIのプログラミングが体験できるようなプラグインがあります。

*今日の参考文献
『できるたのしくやりきるScratch3子どもAIプログラミング入門』
これを参考にしてみたいと思います。

 

 

GIGAスクールって何?

GIGAは ギガバイトのギガではありませんのでお気をつけください!

もっと違うネーミングの方がわかりやすかったのでは?と思いませんか?

Global Inovatiom Gateway for All が正解!

この頭文字を引っばって来てます。

おそらく最初にこの言葉を使用したのは文科省ではないでしょうか。

私のイメージとしては
誰もかれも変革の扉の前に整列させられてる感じですね。

今、確実に学校が変わっています。このGIGAスクール構想については、今までの小手先の変革よりかなり大きな変化が期待されます。

 

 

高校生のプログラミング

今の高校生のプログラミング教育どうする?

今の高校生はプログラミング教育が始まる前に小学校、中学校を通過してきてしまったため、プログラミングに対しての基礎知識がほとんどないです!

Excelでさえ簡単な数式を組むことができませんので。

例えば、売り上げ表といった例題の中に合計や平均といった関数を入れるものはOK!
自分で売り上げ構成費を出すとなるとNG!

それはわかる気がするのです。かくいう私もそっちのタイプですから。

そんな生徒達にいきなりプログラミングは無理ですと。

ゲーム作りみたいなことをしながら楽しく学べるプログラミング授業をとのご要望でスクラッチでゲームを作ることで一通りのプログラミング的思考を身につけさせる授業案を提案してみました。

果たしてどうなるかな。

 

6月のキャリアサロンは小学生のプログラミング教育

ITサポートありのみのキャリアサロンが始まります。

お子さんがいるママも参加しやすい時間って、案外遅いのですね。夜9時から開催します。毎月第3土曜日に開催予定です。参加はITサポートありのみホームページから受け付けています。

小学生のプログラミング?私も最初は戸惑いました。入力もままならない子どもにコード(プログラミング言語)書かせるのか?

そんな事を思っているうちに、プログラミング的思考に変わり始め、プログラミングは書かなくて良いとのお達し。教育現場はぐちゃぐちゃでしたね。

その頃、私はアンプラグドプログラミングに出会い、まずはこれだ!と思い「ルビーの冒険」の出版に合わせ著者のリンダリウカスさんが来日されたとき、講演を聴きに行きました。コンピュータを使わないプログラミング学習の発想は面白かったですね。

書籍紹介
*「ルビーのぼうけん」
Amazonページにリンクしてます。

 

 

 

 

 

 

ありのみキャリアサロン 5月プレオープン

ITサポートありのみのキャリア支援の分野にて、ネットサロンを開催する予定があることを前に告知しました。女性のための再就職支援を請け負い、男女共同参画の一グループとしてITサポートありのみが加入したことから、キャリア支援も視野に入れた活動を広げてきました。

その流れから、キャリア支援の活動をありのみマムとして活動してきましたが、男女とか、シングルとかママなどといった枠を作ることが世の中的に神経質になっている風潮があり、わそのような枠をとっぱらい広く設けようというコンセプトで、ありのみキャリアサロンに名称を変更しネットサロンの準備を開始しました。
また、コンテンツについては少しづつ発信していきたいと思います。

ネットサロン計画中!

鎌ケ谷を拠点としている鎌ケ谷のITサポートありのみは20周年を迎え、これを機に新たな活動を考えています。これは私たちが20年継続していたものを少しでもこれからのママたちに思いや技術を引き継ぎたいという思いからです。時には、私たちの活動はぬるいとか時代遅れであると揶揄されることもありますが、私たちは恐らく周りと比べるといったことはせずに、私たちの独自の思考でできることを精一杯やっていく、そして無理をせず、賛同してくれる人たちで構成され集まっている仲間です。私たちの間でも優劣をつけることはせずに全員がフラットなフリーダムな関係性であるところが特徴です。

これから私がやりたいと考えていることは、鎌ケ谷の枠を超えて、個々がやりたいと思っていることをみんなで応援し、やれるに繋げていきたい。今までより一層個々の提案型の活動を行なっていきたいと思っているのです。それには、ひとつのプラットフォームから多くのやりたいがカタチになれるような場所、そんなサロンを立ち上げたいと思っていますし、つながることにこれからの新しい何かを生み出せると思っているのです。来年度は、ITサポートありのみ主催のネットサロン、ありのみワーキングマムを起動したいと思っています。