高校生のプログラミング

今の高校生のプログラミング教育どうする?

今の高校生はプログラミング教育が始まる前に小学校、中学校を通過してきてしまったため、プログラミングに対しての基礎知識がほとんどないです!

Excelでさえ簡単な数式を組むことができませんので。

例えば、売り上げ表といった例題の中に合計や平均といった関数を入れるものはOK!
自分で売り上げ構成費を出すとなるとNG!

それはわかる気がするのです。かくいう私もそっちのタイプですから。

そんな生徒達にいきなりプログラミングは無理ですと。

ゲーム作りみたいなことをしながら楽しく学べるプログラミング授業をとのご要望でスクラッチでゲームを作ることで一通りのプログラミング的思考を身につけさせる授業案を提案してみました。

果たしてどうなるかな。

 

元旦に始まり、大晦日で終わる1日

ここのところ、新年度になり一気に色々な仕事がスタートし始めており、毎日更新しようと思っていたブログがすっかりご無沙汰になっていました。

たまに見てますよ!と声をかけていただけることもあり、見てくださる方が一人でもいらっしゃるなら少しでも有意義なことを発信していこうと思っています。

今日はITとは全く関係ないのですが、ここ最近心に残った言葉を紹介します。朝起きたら元旦気分で、そして、1日の終わりは大晦日の気分で。これはストンと落ちましたね。

毎朝、新しいノートを開くときのあのまっさらな感覚。そんな思いを持って1日が始められたら最高だなぁと思いました。そして、夜はもう今日という日は今日で終わりという感覚で終えてしまう。そんな風にちょっと心がけてみたいと思います。

 

拡張子を知っておくと便利

情報教育のなかで、ファイルの概念というのは必ず出てくる内容となっています。拡張子が非表示になっていて意識されていないこともあります。この拡張子はファイルにとって重要な概念なので知っておいて欲しいところです。ファイルの表示方法というのは色々な表示方法があるので、ここは一概に説明できないところですが、ファイル名が出ない場合は、エクスプローラーを起動しメニューから表示を選択します。表示/非表示のグループの中に拡張子を出すか出さないかをチェックするボックスがありますので、チェックをしてください。

もし、全てがファイル名とアイコンの表示になっていたらそのアイコンとファイルに付いている拡張子と連携しているわけで、わかりやすくなっています。Microsoftのofficeのファイルであれば、WORDなら.docxになっています。また、絵や写真のファイルなら.pngや.jpgなどがついています。動画になってくると.mp3などこの辺りはアプリケーションに対応しているかどうかの判断材料となるので、知っておく必要があるのです。プログラミングのファイルは特にそのまま起動できないファイルなどあったりするので、この拡張子は普段から表示し目に触れておくのがお勧めです。

高校生の情報授業、どうする?

小学生のプログラミング授業や、中学生のプログラミング授業は教科書にも取り上げられたことから、ある程度の筋道は見えてきたように思えます。高校生ともなると現場では戸惑っている感がありますね。私は私立の女子高校で情報アドバイザーを務めさせて頂いていますが、これから毎年小学校や中学校でプログラミングを触れている経験値が変わってくるので、なかなかカリキュラムを作るのが難しいのが現状なんです。

最近感じるのはプロジェクト学習の難しさです。情報ツールを使ってプロジェクト学習を進めることが盛んになってきていますが、それぞれの役割を個人が認識して協力するという事がなかなか難しいのです。これからの社会はこのような力が大切であると思うのです。グループ学習にすると、必ずいくつかの課題が出てくるのですがやる人が決まってしまうとか意見を出す人が決まってしまうなどが子どもたちの口からよく出てくる言葉です。みんなが平等にやらないと問題であるという考えなんですね。そこには皆が横並びで同じ能力を持ち合わせていなくてはならないわけで、それは今までの日本の教育の爪痕で、そんな考えに洗脳されてしまっているわけです。そんな事をしていたら世界から置いていかれてしまうのではないかと心配してしまいます。

それぞれの良さを認め合い、それぞれが活躍できるような仕組みを自分たちで作りあげられる能力を身につけさせてあげたいですね。

高校の情報教育をキーノートでやってみたら・・・。

キーノートで情報共有

最近の傾向として、高校生の問題解決手法を学んでもらうため、グループでKJ法を実践するため、大きな模造紙に付箋をペタペタ張りながら、意見を集約していこうといった授業の流れ。今年はコロナ禍でグループ学習も敬遠されがちになったため、キーノートでグループごとに情報を共有。案外、いい感じ。

学校の環境
学生は入学時にipadを準備することになっている。全員キーノートはインストール済み。学校は生徒も自由Wifiにつなぐことができる。

リンクを共有してファイル共有をするには?
1. 設定の確認 AirDropで共有するため、AirDropの全ての人にチェックを入れておく。
2. 共有するファイルを開いて、共有アイコン(人のマーク)を選択。
3.共有オプションの画面で、対象:リンクを知っている人はだれでも アクセス権:変更可能 にチェック を確認
4. 「参加依頼の送信方法を選択」から、リンクをコピー
5. メモアプリを開き、URLを貼り付け。URLを長押しして、共有
6. AirDropから、送りたい人を選択
7. 送られたものは共同編集できるので、リアルタイムに一緒に作成可能