スクラッチでAI

次はスクラッチでAI学習がブームになる予感

プログラミングの授業に入る前に、身の回りでプログラミングが使われているものを想起させることをしています。

すると、ゲームやスマホ、タブレットが大方の意見なのですが、必ず1人くらいAIと言う子どもがいるのです。

間違えではないので、こちらも返答に困るのですが、逆にAIって何?と聞くとよくわからないけどプログラミングだという答え。

大人でも正しく機械学習について語れる人は少ないなか、最近では画像認識などポピュラーなものが増えてきていてこれが案外AIと結びついていないのが現状。

これから、教育のなかに少しずつ取り入れられる気がしている。大学の研究でもこのAIにからめたものは予算がつきやすいなんて話を聞いています。

そこて、より子供たちにこのAIを体験させられないかと調べていたところ、スクラッチでAIのプログラミングが体験できるようなプラグインがあります。

*今日の参考文献
『できるたのしくやりきるScratch3子どもAIプログラミング入門』
これを参考にしてみたいと思います。

 

 

GIGAスクールって何?

GIGAは ギガバイトのギガではありませんのでお気をつけください!

もっと違うネーミングの方がわかりやすかったのでは?と思いませんか?

Global Inovatiom Gateway for All が正解!

この頭文字を引っばって来てます。

おそらく最初にこの言葉を使用したのは文科省ではないでしょうか。

私のイメージとしては
誰もかれも変革の扉の前に整列させられてる感じですね。

今、確実に学校が変わっています。このGIGAスクール構想については、今までの小手先の変革よりかなり大きな変化が期待されます。

 

 

高校生のプログラミング

今の高校生のプログラミング教育どうする?

今の高校生はプログラミング教育が始まる前に小学校、中学校を通過してきてしまったため、プログラミングに対しての基礎知識がほとんどないです!

Excelでさえ簡単な数式を組むことができませんので。

例えば、売り上げ表といった例題の中に合計や平均といった関数を入れるものはOK!
自分で売り上げ構成費を出すとなるとNG!

それはわかる気がするのです。かくいう私もそっちのタイプですから。

そんな生徒達にいきなりプログラミングは無理ですと。

ゲーム作りみたいなことをしながら楽しく学べるプログラミング授業をとのご要望でスクラッチでゲームを作ることで一通りのプログラミング的思考を身につけさせる授業案を提案してみました。

果たしてどうなるかな。

 

6月のキャリアサロンは小学生のプログラミング教育

ITサポートありのみのキャリアサロンが始まります。

お子さんがいるママも参加しやすい時間って、案外遅いのですね。夜9時から開催します。毎月第3土曜日に開催予定です。参加はITサポートありのみホームページから受け付けています。

小学生のプログラミング?私も最初は戸惑いました。入力もままならない子どもにコード(プログラミング言語)書かせるのか?

そんな事を思っているうちに、プログラミング的思考に変わり始め、プログラミングは書かなくて良いとのお達し。教育現場はぐちゃぐちゃでしたね。

その頃、私はアンプラグドプログラミングに出会い、まずはこれだ!と思い「ルビーの冒険」の出版に合わせ著者のリンダリウカスさんが来日されたとき、講演を聴きに行きました。コンピュータを使わないプログラミング学習の発想は面白かったですね。

書籍紹介
*「ルビーのぼうけん」
Amazonページにリンクしてます。

 

 

 

 

 

 

タイピングは必要か?

昨日、起動時間の無駄について書きましたが、そんな理由で最近はほとんどiPadで文書入力することが多くなっています。タイピングするのとさほど変わらないくらいで入力できるようになっているので、全く苦にならないからです。

小学生のローマ字を習うときにタイピングやホームポジションを教えるのですが、案外フリック入力がサクサク使えれば事欠かなくなるように思えてきました。中学校ではフリック入力を許可している先生もいると聞き、最初はギョッとしましたがそれもありで、小学生でも文字認識を使ってペンで入力している児童も多く、使えるものは何でも使えば良いのだなぁと感じています。少し前までは、会社にはいったら困るでしょ!とタイピングの大切さを声高に強調してきましたが、案外それも怪しくなってきました。音声入力の精度もかなり良くなっているし、10年後の未来はsociety3.0が現実社会で当たり前になっていくようにも実感します。コロナ以前とは私の認識もガラリと変わりました。

タイピングよりやるべきことは違うところにあるかもしれません。小学校に入学したらIDとパスワードが与えられ起動することから勉強が始まります。あいうえおが読めるより、IDとパスワードが入力できるような練習を入学前からしておいた方が案外役に立つかもしれませんね。

元旦に始まり、大晦日で終わる1日

ここのところ、新年度になり一気に色々な仕事がスタートし始めており、毎日更新しようと思っていたブログがすっかりご無沙汰になっていました。

たまに見てますよ!と声をかけていただけることもあり、見てくださる方が一人でもいらっしゃるなら少しでも有意義なことを発信していこうと思っています。

今日はITとは全く関係ないのですが、ここ最近心に残った言葉を紹介します。朝起きたら元旦気分で、そして、1日の終わりは大晦日の気分で。これはストンと落ちましたね。

毎朝、新しいノートを開くときのあのまっさらな感覚。そんな思いを持って1日が始められたら最高だなぁと思いました。そして、夜はもう今日という日は今日で終わりという感覚で終えてしまう。そんな風にちょっと心がけてみたいと思います。

 

中学生の新学習指導要領が今年度から実施!

2021年度から新学習指導要領が「全面実施」となり、いよいよプログラミングに関する内容が大きく拡充されていきます。その中で気になるのは双方向性のあるコンテンツプログラミングによる問題解決。さらに、計測、制御のプログラミングによる問題解決。

とにかく、プログラミングを使って問題解決をしていかなくてはいけないわけです。それもただの問題解決をすれば良いわけではなく、ネットワーク内での双方向性のものであったり、計測や制御も取り入れてくださいとのこと。

小学校ではブロックプログラミングを使って、ある程度プログラミングの基本的な要素を学習する土台はできてきたように思えます。そして、センサーなどを使ったプログラミングをすることで、生活の中の問題解決能力がつけられるように授業が進められています。

中学校では、その次の段階として考えなくてはいけないのがネットワーク。ネットワークの仕組みを考え、また自分たちでネットワークの中で問題解決ができるようなプログラミングを作っていく必要があるわけです。当たり前にあるネットワークの仕組みをちゃんと理解しておいてね!ってことなんですね。案外、これは難しいですよ。どうして電話はつながるのか?なんてまともに正解できる人が何割いるでしょうか。

中学生へのネットワーク学習について、次回は考えてみたいと思います。

取説はいらない?

数十年前には考えられかったスマホの普及。平成の時代は携帯端末が爆発的に広まったことは記憶に新しいところです。私もiPhoneを使って久しいのですが、未だにわからない機能がたくさんあります。とりあえずは電話に出られて、かけられて、メールの送受信ができれば良いくらいからスタートし始めましたが、使ううちにあれもこれもと便利な機能やアプリが蓄積されています。

案外、このような学び方が今の時代なのかもしれません。習うより慣れろという言葉もありますが、何でも知りたいことはネット上にたくさんの情報が集まっていますし、誰にでもこの情報をシェアしてくれているのです。受動的に情報を待つのではなく、これからは能動的に自分の知りたい情報を取捨選択していく時代になったのだと思います。これはある意味大革命ですよね。

これからの子どもたちには自分の知りたい情報を上手にキャッチする方法を学ぶことは必須科目になると思います。

ギガスクール構想は小学校1年生からアカウント付与

続々とギガスクール構想の一つである一人一台の端末が実現しつつあります。これは小学校1年生から適用されるわけで、小学校に入学するとピカピカの筆箱が机の上に並んでいるなんていう光景はもう古いのかもしれませんね。

コンピュータの電源を入れればすぐに使えると良いのですが、どうやらアカウントが付与されるようです。アカウントが付与されるとIDとパスワードを入力するところから始まります。あいうえおもままならない小学生にもこのアカウント入力からという考え方が増えてきているようです。私は顔認証とか指紋認証とかになると良いのにと思ってしまいます。私が情報の授業をしている3年生でも結構このIDとパスワードを入力させるのか一苦労なのです。

ただ、これからの情報社会で暮らしていくには避けては通れないし、子どもたちはこれがきちっと入力できないと死活問題にさえなるかもしれないのです。一人1台のパソコンからはネットワークにつながる入り口にもなっているわけです。ですから、入り口のドアを開ける教育は必要なんですね。

拡張子を知っておくと便利

情報教育のなかで、ファイルの概念というのは必ず出てくる内容となっています。拡張子が非表示になっていて意識されていないこともあります。この拡張子はファイルにとって重要な概念なので知っておいて欲しいところです。ファイルの表示方法というのは色々な表示方法があるので、ここは一概に説明できないところですが、ファイル名が出ない場合は、エクスプローラーを起動しメニューから表示を選択します。表示/非表示のグループの中に拡張子を出すか出さないかをチェックするボックスがありますので、チェックをしてください。

もし、全てがファイル名とアイコンの表示になっていたらそのアイコンとファイルに付いている拡張子と連携しているわけで、わかりやすくなっています。Microsoftのofficeのファイルであれば、WORDなら.docxになっています。また、絵や写真のファイルなら.pngや.jpgなどがついています。動画になってくると.mp3などこの辺りはアプリケーションに対応しているかどうかの判断材料となるので、知っておく必要があるのです。プログラミングのファイルは特にそのまま起動できないファイルなどあったりするので、この拡張子は普段から表示し目に触れておくのがお勧めです。