元旦に始まり、大晦日で終わる1日

ここのところ、新年度になり一気に色々な仕事がスタートし始めており、毎日更新しようと思っていたブログがすっかりご無沙汰になっていました。

たまに見てますよ!と声をかけていただけることもあり、見てくださる方が一人でもいらっしゃるなら少しでも有意義なことを発信していこうと思っています。

今日はITとは全く関係ないのですが、ここ最近心に残った言葉を紹介します。朝起きたら元旦気分で、そして、1日の終わりは大晦日の気分で。これはストンと落ちましたね。

毎朝、新しいノートを開くときのあのまっさらな感覚。そんな思いを持って1日が始められたら最高だなぁと思いました。そして、夜はもう今日という日は今日で終わりという感覚で終えてしまう。そんな風にちょっと心がけてみたいと思います。