取説はいらない?

数十年前には考えられかったスマホの普及。平成の時代は携帯端末が爆発的に広まったことは記憶に新しいところです。私もiPhoneを使って久しいのですが、未だにわからない機能がたくさんあります。とりあえずは電話に出られて、かけられて、メールの送受信ができれば良いくらいからスタートし始めましたが、使ううちにあれもこれもと便利な機能やアプリが蓄積されています。

案外、このような学び方が今の時代なのかもしれません。習うより慣れろという言葉もありますが、何でも知りたいことはネット上にたくさんの情報が集まっていますし、誰にでもこの情報をシェアしてくれているのです。受動的に情報を待つのではなく、これからは能動的に自分の知りたい情報を取捨選択していく時代になったのだと思います。これはある意味大革命ですよね。

これからの子どもたちには自分の知りたい情報を上手にキャッチする方法を学ぶことは必須科目になると思います。