USBメモリ 雑記

USB(Universal Serial Busの略)余計難しくなったので、語源は知らなくても大丈夫です。
今日はUSBメモリについてのお話です。
USBメモリはファイルを保存して、持ち運ぶことができるカバンのようなものです。

最近、「動画が保存できない!」。という事例を見つけました。最近は動画のように1ファイルの大きさが大きいものがあって、カバンに入らなくなっちゃうのです。実はカバンが大きければ良いわけではなく、かばんの仕切りに問題があるのですね。かばんにはいくつかの仕切りがありますよね。
USBメモリも仕切りがあるんです。

その仕切りには規格があって、昔から使っていたUSBメモリは大抵FAT32という規格でこの32というのは32Gまでの仕切りですよ!という意味です。どんなにUSBメモリの容量が大きいものを奮発して買ってもFAT32のフォーマットになっていると、32G以上のファイルは入りませんということになるのです。

そこでもっと仕切りを広くというフォーマットがNTFSという規格です。この企画はパソコンのハードディスクなどはこの形式なんです。
「あれ?容量がこんなにあるのに保存できないって???」というときには、フォーマットの形式を確認してみてください。フォーマットは初期化とも言います。何かデータが入っている状態でフォーマットすると、今入っていたファイルも全て削除してきれいに仕切り直ししてしまいますので、ご注意を!

*確認するときは、エクスプローラーからUSBメモリのプロパティを開き、全般タブを表示させるとフォーマット形式が確認できます。下の図ではFAT32でフォーマットされていることがわかります。