ビジュアル型プログラミング学習 VISCUITについて

 

数年前までは、子どもたちにプログラミングという言葉を聞いても、ゲームとかコンピュータくらいしか答えが出てこなかったのが、最近生活のあらゆるところでプログラミングが使われていることに気がつき始めている。

私ははじめてのプログラミング学習の導入で身の回りのなかでプログラミングが使われているものを子どもたち全員に発表してもらう。あんまり思いつかない子どもでも友達の意見を聞くことでだんだん顔色が変わってくる。それだけで、もう身の回りにプログラミングが使われていることを想起させるというめあては1こクリアできたと思うくらいです。

次に実際にコンピュータを使ったプログラミング学習に入りますが、学年によって何を選ぶかによって習熟度がかなり変わってくるので、注意しないとプログラミング的思考が停止してしまう。

低学年で推奨されている文科省の小学校のプログラミングの手引きにも取り上げられているが、大人にとってVISCUITというプログラミング教材サイトは若干指導しづらく感じる。一連の操作が独特の動きで次への発展につながりづらいことと、なんだかよくわからないけど動いたとか、音が鳴ったなど子どもたちも考えることなく操作してしまう。メガネという独特のツールがどうも説明しづらい。ただ、このような動きをする教材は案外なかなか言葉をくみとれない養護学級の子どもたちには、食いつきが良いこともあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。